FC2ブログ
事務連絡・入会方法・稽古会・セミナー・DVD販売、商品関連などの情報は、こちらで公開しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうも、ブログ管理人(の1人)です。
このブログは入会案内や稽古会の情報をお知らせすることを目的としています。
あと、補助的な意味合いで、稽古の役に立ちそうな情報なども最近は載せ始めています。

・・・が
「おススメの香港映画情報とか載せちゃいましょうか?」
とノリで長野師父に提案してみたところ
「それはイイね!」
というお言葉をいただきました。

ぶっちゃけ、普段の稽古に役立つような武具の情報とか、あと2つか3つぐらいしかないので、あっという間にネタ切れになるなぁ、なんて思っていました。
そんなわけで、ちょくちょく香港映画のネタを載せていこうかと思います。
このネタだったら果てしなく、いくらでも書くことができます。・・・ウザかったらスイマセン。
香港映画『ブラッド・ウェポン』という映画が2012/12/22(土)から公開されました。
角川シネマ有楽町でインドネシアのペンチャックシラット映画『ザ・レイド』を観に行った人は、予告を観ているはず!

しかし、公開規模が非常に狭くてですね。
公式サイトによると、こんなスケジュールです。

2012/12/22(土)~ 角川シネマ新宿(東京)
2013/01/19(土)~ 梅田ガーデンシネマ(大阪)
2013/01/26(土)~ センチュリーシネマ(愛知)

まぁ、最近の香港映画の公開規模って、こんなモンですよね・・・


監督はダンテ・ラムです。
主な作品に、アクション映画『重装警察 HIT TEAM』、『スナイパー』、サスペンス映画『ビースト・ストーカー/証人』、『密告・者』、恋愛映画『スイート・ムーンライト』、『ティラミス』などがあります。
ツインズ・エフェクト』ではドニー・イェンと共同監督でした。


アクション監督はチン・カーロ
ナイナイ岡村隆史主演の『無問題2』の監督さんです。
香港映画界の重鎮サモ・ハンの愛弟子的な感じの人で、スタントマン、アクション俳優、アクション監督で活躍してます。
ジャッキー・チェン作品『酔拳2』にも出てます。最後の工場のシーンで、靴が燃えて慌ててるジャッキーのために、水を空中に撒いた人です。
同じくジャッキー・チェン作品『サイクロンZ』では、スタントで参加してまして、ジャッキーの代役で大技を披露しています。しかも、スローで見せててジャッキーじゃなくてチン・カーロなのがバレバレですので、気になる人は探してみてください。


主演はジェイ・チョウニコラス・ツェー

ジェイ・チョウは台湾の歌手で、出す曲出す曲すべてナンバーワンヒットを飛ばす、超人気ミュージシャンです。
ちなみに、最近の曲で個人的に気に入っているのはコチラ
映画では実写版『頭文字D』で主演をやってます。
ミュージシャンなので、本職のアクション俳優ではありませんが、『少林サッカー』のバスケットボール版のような映画『カンフーダンク』とか、チャン・イーモウ監督作品『王家の紋章』、ユエン・ウーピン監督作品『酔拳 レジェンド・オブ・カンフー』、ハリウッド映画『グリーン・ホーネット』など、アクション物の出演数も多いし、どれも結構上手いです。

ニコラス・ツェーは、最近は本職のアクション俳優と言っても差し支えない実力の持ち主です。
香港国際警察/NEW POLICE STORY』ではジャッキー・チェンと共演し、『かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート 』ではドニー・イェンと共演しているぐらいですからね。
長野師父がパンフレットにコラムを書いた『新少林寺』では悪役・曹蛮を演じています。
インビジブル・ターゲット 』も名作ですので、興味がある人は是非ご覧ください。
おまけにアクションだけではなく演技も非常に上手く、『わすれな草』、『密告・者』、『ビースト・ストーカー/証人』、『孫文の義士団』では思う存分、演技力を見せつけています。
『ブラッド・ウェポン』では経験値の差から、ジェイよりもニコラスのほうが軍配が上がったかな、という印象でした。
本当は俳優だけじゃなく、ギターは上手いわ作曲できるわでミュージシャンとしても才能があるのですが、最近は俳優業が忙しすぎて曲を作らなくなったのが残念です。
20歳前後の頃は、「アクション俳優は怪我するからイヤだ。ミュージシャン1本で行きたい」とか言ってたんですけどね。いつの間にか逆転してました。
・・・ちなみ、チェン・カイコー監督作品『PROMISE 無極』は黒歴史なんかじゃないんだからねっ!


検索したら、こんな記事を見つけてしまったのですが、けっしてツマラナイことはありません。面白いです。
こんなにお金をかけて、かつ面白い超大作香港映画は久々です。アクションも銃と体術のバランスが良くて、ストーリーも生き別れた兄弟や家族愛がテーマになっていてなかなか魅せます。
たぶん公開期間が短くて、すぐに上映期間が過ぎ去ってしまうと思うので、興味のある人はお早めにどうぞ。
関連記事


▲▲▲ 記事を閉じる ▲▲▲
香港映画『ブラッド・ウェポン』という映画が2012/12/22(土)から公開されました。
角川シネマ有楽町でインドネシアのペンチャックシラット映画『ザ・レイド』を観に行った人は、予告を観ているはず!

しかし、公開規模が非常に狭くてですね。
公式サイトによると、こんなスケジュールです。

2012/12/22(土)~ 角川シネマ新宿(東京)
2013/01/19(土)~ 梅田ガーデンシネマ(大阪)
2013/01/26(土)~ センチュリーシネマ(愛知)

まぁ、最近の香港映画の公開規模って、こんなモンですよね・・・


監督はダンテ・ラムです。
主な作品に、アクション映画『重装警察 HIT TEAM』、『スナイパー』、サスペンス映画『ビースト・ストーカー/証人』、『密告・者』、恋愛映画『スイート・ムーンライト』、『ティラミス』などがあります。
ツインズ・エフェクト』ではドニー・イェンと共同監督でした。


アクション監督はチン・カーロ
ナイナイ岡村隆史主演の『無問題2』の監督さんです。
香港映画界の重鎮サモ・ハンの愛弟子的な感じの人で、スタントマン、アクション俳優、アクション監督で活躍してます。
ジャッキー・チェン作品『酔拳2』にも出てます。最後の工場のシーンで、靴が燃えて慌ててるジャッキーのために、水を空中に撒いた人です。
同じくジャッキー・チェン作品『サイクロンZ』では、スタントで参加してまして、ジャッキーの代役で大技を披露しています。しかも、スローで見せててジャッキーじゃなくてチン・カーロなのがバレバレですので、気になる人は探してみてください。


主演はジェイ・チョウニコラス・ツェー

ジェイ・チョウは台湾の歌手で、出す曲出す曲すべてナンバーワンヒットを飛ばす、超人気ミュージシャンです。
ちなみに、最近の曲で個人的に気に入っているのはコチラ
映画では実写版『頭文字D』で主演をやってます。
ミュージシャンなので、本職のアクション俳優ではありませんが、『少林サッカー』のバスケットボール版のような映画『カンフーダンク』とか、チャン・イーモウ監督作品『王家の紋章』、ユエン・ウーピン監督作品『酔拳 レジェンド・オブ・カンフー』、ハリウッド映画『グリーン・ホーネット』など、アクション物の出演数も多いし、どれも結構上手いです。

ニコラス・ツェーは、最近は本職のアクション俳優と言っても差し支えない実力の持ち主です。
香港国際警察/NEW POLICE STORY』ではジャッキー・チェンと共演し、『かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート 』ではドニー・イェンと共演しているぐらいですからね。
長野師父がパンフレットにコラムを書いた『新少林寺』では悪役・曹蛮を演じています。
インビジブル・ターゲット 』も名作ですので、興味がある人は是非ご覧ください。
おまけにアクションだけではなく演技も非常に上手く、『わすれな草』、『密告・者』、『ビースト・ストーカー/証人』、『孫文の義士団』では思う存分、演技力を見せつけています。
『ブラッド・ウェポン』では経験値の差から、ジェイよりもニコラスのほうが軍配が上がったかな、という印象でした。
本当は俳優だけじゃなく、ギターは上手いわ作曲できるわでミュージシャンとしても才能があるのですが、最近は俳優業が忙しすぎて曲を作らなくなったのが残念です。
20歳前後の頃は、「アクション俳優は怪我するからイヤだ。ミュージシャン1本で行きたい」とか言ってたんですけどね。いつの間にか逆転してました。
・・・ちなみ、チェン・カイコー監督作品『PROMISE 無極』は黒歴史なんかじゃないんだからねっ!


検索したら、こんな記事を見つけてしまったのですが、けっしてツマラナイことはありません。面白いです。
こんなにお金をかけて、かつ面白い超大作香港映画は久々です。アクションも銃と体術のバランスが良くて、ストーリーも生き別れた兄弟や家族愛がテーマになっていてなかなか魅せます。
たぶん公開期間が短くて、すぐに上映期間が過ぎ去ってしまうと思うので、興味のある人はお早めにどうぞ。
関連記事

FC2blog テーマ:武道・武術 - ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。