事務連絡・入会方法・稽古会・セミナー・DVD販売、商品関連などの情報は、こちらで公開しています。
※本記事に記載の殺陣講座は募集を終了しました。

どうも、このブログの管理人(の一人)です。東京支部やってます。

現在、古石場文化センターで、「殺陣にチャレンジ!入門編」の受講生を募集しています。
センターの職員さんに「游心流のブログで宣伝しても大丈夫ですか?」と聞いてみたら、「どうぞどうぞ」という回答をいただきました。
そんなわけで宣伝を載せた次第です。

さあ皆さん! 俳優志望でもない一般のド素人が、高瀬将嗣先生から殺陣を直接習えるのは、古石場文化センターだけ! (たぶん)
絶好のチャンスです!
今までに1回も木刀を触ったことがない人でも、丁寧に指導していただけます。
ぶっちゃけ、東京支部で剣術を稽古する際は、高瀬先生に習ったことをほぼそのまま流用しているっていう・・・
(あ、高瀬先生には報告済みです。勝手にやってませんよ、マジで)
【申し込み】
こちらのページをご参照ください。
http://www.kcf.or.jp/furuishiba/kouza_detail_010300500131.html
申込期間は過ぎていますが、あと数人ほど募集枠に空きがあるそうです。
直接電話でお問い合わせいただくほうが早いかもしれません。

【講師】
芸道殺陣「波濤流」高瀬道場
顧問:高瀬将嗣先生 ほか

【場所】
古石場文化センター
 東京メトロ東西線「門前仲町」駅 2番出口から徒歩10分
 都営大江戸線「門前仲町」駅 4番出口から徒歩15分
 東京メトロ東西線「木場」駅 4番出口から徒歩15分
 JR京葉線「越中島」駅 3番出口から徒歩10分
 詳しくはコチラ
 地図はコチラ(PDFです)

【スケジュール】
・第1回:06/29(土) AM10:00~AM11:30
・第2回:07/13(土) AM10:00~AM11:30
・第3回:07/20(土) AM10:00~AM11:30
・第4回:08/03(土) AM10:00~AM11:30
・第5回:08/10(土) AM10:00~AM11:30
・第6回:08/31(土) AM10:00~AM11:30
・第7回:09/07(土) AM10:00~AM11:30
・第8回:09/14(土) AM10:00~AM11:30
・第9回:09/21(土) AM10:00~AM11:30

【費用】
・受講料:16000円
・教材費:500円

【用意するもの】
・木刀
・動きやすい格好 (稽古は裸足です)
 ※持っている人は着物・袴・居合帯(角帯)などを着用(強制はありません)
  武道着&袴の組み合わせも可

【木刀について】
持っていない人は、文化センターからレンタルまたは購入可能です。
ただし、手配に2週間ほど必要とのことですので、現時点では武道具店などでの事前購入をお勧めします。
個人的にお勧めするのは、二天一流用の大刀です。軽いので殺陣に向いてます。

プラスチック鞘と鍔が欲しい人は、こちらのページで紹介してますのでご参照ください。


▲▲▲ 記事を閉じる ▲▲▲

FC2blog テーマ:武道・武術 - ジャンル:スポーツ

どうも、このブログの管理人(の1人)です。

えー、4/16からジャッキーの新作『ライジング・ドラゴン』が公開中です。
ジャッキーといっても、ジャッキー佐藤とかジャッキー吉川ではないですよ。チェンですよチェン。わかってますか、そうですか。


2012年末に香港で観たし、日本公開初日にも観たし、香港版Blu-rayも買ったし、ジャッキー特集の『映画秘宝 5月号』も買ったし、ムック本『語れ! ジャッキー・チェン』も買ったし、だったらこのブログでもネタにするしかないだろ常識的に考えて・・・と思って文章を書いたのですが、ジャッキーに対する思い入れが強すぎて文章が長くなるわ、長いおかげでとりとめがなくなるわで、収拾がつかなくなっちまったもんだから、途中まで書いた文章は放置することにしました。

でも、せっかくだからムック本『語れ! ジャッキー・チェン』に載っていた谷垣健治監督が書いたコラムからネタを拾って、ジャッキーネタを少しアップします。


ジャッキーは映画俳優であって武術家ではありませんが、でも香港のアクション俳優である以上、中国武術とは切っても切れません。きちんと武術修行もやっていたとか。
7歳で京劇学校の中国戯劇学院に入学する前に、父親の陳志平から洪家拳を習っていたそうです。
んで、ドキュメント作品『ジャッキー・チェン マイ・ストーリー』のインタビューでは、蟷螂拳と白眉拳を修行したと答えていました。

まぁ、蟷螂拳は日本でも有名だしファンも多いので説明は不要ですね。
白眉拳は検索しても日本語の情報が少ない・・・のですが、ジャッキー作品『ドラゴンロード』で少しだけ套路を披露しています。主人公宅の庭でやってる稽古シーンですね。

あと、1990年に日清から「BIG CHINA」というカップラーメンが発売されまして、そのCMにジャッキーが出演したときにも白眉拳を披露しています。
余談ですが、CMの後半で少しだけ太極拳も演武しています。24年前のかすかな記憶の中では、ほんのわずかに演武していた太極拳がメチャメチャ上手だったような印象が残っていました。
そして今回久々に見たら、昔の記憶の通り上手かったです。良かった良かった、記憶違いじゃなくて。
長野師父にも見てもらったところ、「うわ~上手いな~、ジャッキーは太極拳も上手いんだ」と感心していました。
そういや、リメイク版『ベスト・キッド』では、武当派の師父役でしたね。

演武版「BIG CHINA」CM
http://www.youtube.com/watch?v=um1tRTClaSM

アクション版「BIG CHINA」CM
http://www.youtube.com/watch?v=Te7Uvc45rxg
ジャッキーが忍者と戦ってる! 『大福星』以来だ・・・。

1990年は『プロジェクト・イーグル』が公開された時期で、まだまだジャッキー人気が凄かった頃です。
こんな素晴らしいCMがあったなんて、良い時代だったなぁ。


んで、白眉拳について他にないかな、と探したところ、『中國傳統藝術界會』という団体の動画を見つけました。
先生っぽい人が広東語を喋っているので、たぶん香港の団体なんじゃないかと思います。広東省かもしれないけど。

使用している音楽は『少林サッカー』
http://www.youtube.com/watch?v=vFJ0CPbcA3A

こちらは用法の動画。
http://www.youtube.com/watch?v=S3JRze8aTEs

白眉拳も木人椿で練習するんですね。
『レッド・ブロンクス』のオープニングを思い出しました。あ、『ゴージャス』では木じゃなくて鉄だったなぁ。



おまけ
『ベスト・キッド』公開時期にアップされた、架空の予告編『Jackie Chan Hates Karate Kids』。
笑うか腹を立てるかはアナタ次第。・・・自分は笑いました。
http://www.youtube.com/watch?v=85WNaVTXVaI



▲▲▲ 記事を閉じる ▲▲▲

FC2blog テーマ:武道・武術 - ジャンル:スポーツ

どうも、このブログの管理人(の1人)です。

いや、ビックリしました。
この『稽古の役に立つ(かもしれない)情報』の記事名でブログ先頭ページのINDEXが長くなっちゃいそうだったので、専用の目次を作成したところ、ちゃんとした稽古ネタが2つしかないことにビックリしました。
自分で書いてて気がつかなかったのかよ。そうです。気がつかなかったんです。すいません。

前々から、紹介しようと思っていた武具ネタがあったのですが、すっかり忘れていましたので、こうして慌てて書いている次第です。
忘れたら駄目だろ。そうですね。
今回は中国扇子ネタです。
中国扇子は、長野師父の書著クエストのDVD自主製作の教則DVDなどでよく出てくるので、ウチではお馴染の武器になっています。
この武器の最大の特徴は、所持していても一切法に触れないところです。交番の前で扇子を使って涼んでいたからといって、扇子所持等取締法に触れて逮捕される心配はありません。なんだよ、扇子所持等取締法って。

チャウ・シンチー作品『食神』で、チャウ・シンチー演じる料理人が、ヴィンセント・コク演じる敵の料理人を折りたたみ椅子でボッコボコにするシーンがありまして、そこで料理評論家役のナンシー・イットが「所持しても警察に捕まらない」みたいなことを言っていましたが、まぁ、そんな感じです。
わかりづらいですか、そうですか。

※クリックすると大きく表示されます。
食神_周星馳 食神_薛家燕
だからって、ボコボコにしたら普通に逮捕されると思うんですけど・・・


まぁ、そんなわけで、自分も中国扇子が欲しい! と思った人は多いかと思います。たぶん。
でも、探してみたら演武用の派手なヤツしかないよ! 携帯するには恥ずかしいよ! と思って購入を躊躇した人も多いんじゃないかと思います。たぶん。
たしかに、ドラゴンの刺繍が施されていたり、真っ赤だったりゴールドだったり、なかなかの自己主張ぶりです。

っつーか、もっと地味なヤツ無地なヤツはないのかよ! と思って一生懸命探したところ、ありました。
太極拳グッズ専門店の『壹創(イチクリ)』というところで扱っていました。
http://1cre.co.jp/

地味なのから派手なのまで、20以上のバリエーションがあります。
そのなかでも、だいたい以下の3つが普段使いする分には無難じゃないかと思います。
ちなみに、自分は白と黒を1本ずつ持っています。
特に白を持っていると、ジャッキーの『ヤングマスター』気分に浸れます。
http://1cre.co.jp/SHOP/FK001W.html
http://1cre.co.jp/SHOP/FK001B.html
http://1cre.co.jp/SHOP/FK001A.html

地味なんかイヤだ! バッチリ派手に決めたい! という人がいましたら、縁にヒラヒラが付いた木蘭扇をどうぞ。


さて、シツコイようですが、これはアフィリエイトとかではありません。宣伝費とかも貰っていません。いや、ホントに。


▲▲▲ 記事を閉じる ▲▲▲

FC2blog テーマ:武道・武術 - ジャンル:スポーツ

どうも、このブログの管理人(の1人)です。
なんか最近、香港映画ネタばかりで武術ネタを載せる暇がない状態です。
なんか申し訳ないです。そう思ってんなら載せんなよ、って話なんですが。
でも、小規模ではありますが、最近はちょっとした公開ラッシュなので、しばらく続くと思います。
なんか、すいません。

んで、変な題名で色モノ感満載な感じなのですが、変なのは邦題だけです。
原題は『打擂台』とシンプルです。意味は「試合場」とか「リング」とか、そんな感じでしょうか。
ちなみに英題は『Gallants』で、「勇ましい」「雄々しい」みたいな意味らしいです。
上映場所は1ヶ所しかなくて、シネマート六本木だけです。ギロッポンですよギロッポン。
しかも1日1回のみの上映のようで、なんかすぐに終わっちゃいそうな感じなのか、それとも細々と長くやるのか、どっちなんでしょうね。

とにかく作り手のカンフー映画愛に溢れた素晴らしい作品です。きっと、昔のカンフー映画が大好きなんだろうなぁ・・・と思いました。
監督はデレク・クォック、クレメント・チェンの共同でやったようですが、どちらも聞き覚えのない名前だったので、少し調べてみたところ、自分が知っている作品に結構関わっていました。


デレク・クォック『かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート』の副監督をやってたみたいですね。
他には脚本家もやっているようで、日本公開作品だとニコラス・ツェー主演のゴーストバスター映画『トランサー 霊幻警察』、レオン・ライ主演のスパイ映画『スパイ・チーム』の脚本を担当したようです。
あと、今年公開予定のチャウ・シンチー監督作品『西遊・降魔篇』にも関わっているようです。

もう一人の監督、クレメント・チェンも『スパイ・チーム』で脚本やってるみたいです。他にはフランシス・ン主演『エンドレス・アフェア』の脚本とか。
どうやら『じじぃドラゴン』が初監督作品みたいです。


この映画の存在を知ったのは、2年前に香港旅行に行った帰りの飛行機でした。飛行機の座席についている小さいモニターだったのですが、その小さいモニターから溢れてくるカンフー映画大好きオーラに釘付けになりました。
その後、2010年の東京国際映画祭で『ギャランツ~シニアドラゴン龍虎激闘』のタイトルで上映。
ああ、東京国際映画祭行けなかったなぁ・・・と思ったら、ようやく約2年後に公開の運びとなりました。
良かった良かった。

邦題から容易に推測できますが、主演はジーサンです。しかも3人もいます。3人とも濃いです。
1人はブルース・リャン『カンフーハッスル』で火雲邪神をやった人ですね。『ジャッキー・チェンの飛龍神拳』とか、日本の漫画『軍鶏』の実写映画版にも出演しています。
ちなみに弟のトニー・リャンはアクション監督をやっていて最近だと『イップ・マン 序章』とか『イップ・マン 誕生』に関わっています。


もう1人はチェン・カンタイ。カンフー映画では70年代のショウ・ブラザーズ作品で活躍していましたが、最近はマフィアのボスなどでアクションをやらない役の方が多いですね。


極めつけはテディ・ロビン。いやーこの人の存在感は凄かったです。一応ブルース・リャンとチェン・カンタイの師父役で太極拳の達人という設定なのですが、本職はミュージシャンでアクション俳優でもなんでもありません。実際アクション・シーンもゼロに等しいです。
昔、ジャッキー・チェンの『ツイン・ドラゴン』で、ジャッキーの相棒ターザン役をやっていた時には特に何も感じなかったのですが、久々に観たら年をとって妙にアクが強くなって、タダものではない怪しい雰囲気にまみれていました。でも何だか知らんがスゲェカッコ良かったです。この人にはアクションは必要ありません。ただ、その場にいるだけで充分です。


別に、この作品はジーサンしか目立っていないワケではなく、若手俳優のウォン・ヤウナムジャア・シァオチェンもなかなか良いです。
ウォン・ヤウナムは『イップ・マン 序章』で、オープニングの試合を覗き見した後で人前でズボンをズリ下げられちゃった人です。
ジャア・シァオチェンは可愛かった・・・。ちょっとだけカンフーアクションもやってました。結構上手かったです。


アクション監督はユン・タクです。漢字表記だと元徳。
ジャッキーやサモ・ハンと同じ中国戯劇学院の出身で、ジェット・リーの『レジェンド・オブ・フラッシュファイター 格闘飛龍/方世玉』『D&D 完全黙秘』コーリー・ユンと一緒にアクション監督やってます。
他には、アンディ・ラウの『新少林寺』やジャッキー・チェンの『THE MYTH 神話』でも、アクション監督陣の1人として加わっています。

DVD化されるのがいつかわかりませんが、カンフー映画好きだったらオープニングでシビれること間違いなしなので、お勧めです。
香港版の予告編もカッコいいです
師匠役のテディ・ロビンが太極拳の達人なのに、弟子役のブルース・リャンはテコンドー&空手ベースの蹴り技が主体だし、チェン・カンタイは南派武術系の手技が主体だし、お前ら師匠から何習ってたんだよ! って思ったりもしますが、そんな細かいことは気にしない!
だってカッコいいんだもの。

しかも、この映画は第30回香港電影金像奨・・・つまり香港のアカデミー賞的なヤツで、最優秀作品賞、最優秀助演男優賞(テディ・ロビン)、最優秀助演女優(スーザン・ショウ)、最優秀音楽賞を受賞しています。
最優秀作品賞ですよ。日本とかだと文芸作品ぽい雰囲気の映画が賞を取ったりするもんですが、カンフー物の娯楽作品が作品賞を受賞しちゃうなんて、さすが香港!
しかも、『イップ・マン 葉問』『王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件』『レイン・オブ・アサシン』『密告・者』を抑えての受賞だっつーんだから凄い。
そりゃそうだ、だってカッコいいんだもの。


▲▲▲ 記事を閉じる ▲▲▲

FC2blog テーマ:武道・武術 - ジャンル:スポーツ

どうも、このブログの管理人(の一人)です。

年末に香港旅行ネタをアップしていましたが、旅行の期間は12/27~12/31でしたので、もう日本にいます。
えーと、お前なんか帰ってくんなって思ってた人がいましたら謝ります。

香港でのブログ更新は回線の遅さに心が折れ、更新は2日間でした。
でもまぁいいか、游心流っぽいネタはアレで全部だし・・・と思ったのですが、翌日から新たなネタが出てきてしまいましたので、追加で載せることにしました。
游心流っぽいネタというのは、武術と映画の境界線が混ざり合っちゃったようなネタのことです。
※写真はすべてクリックすると拡大します。

--------------------
映画ネタ・その1
星光大道(アベニュー・オブ・スターズ)

観光地の定番中の定番ですね。
詳しい説明は下記URLをご覧ください。
http://www.hongkongnavi.com/miru/193/

ブルース・リー像01 ブルース・リー像02
ブルース・リー像
天気が悪かったので、白っぽくなってしまいました。
でもいいんです。武術的には仏像よりもご利益があるハズです。

ジャッキー手形
ジャッキーの手形
ジャッキーの手形は香港に行かなくても、東京・日比谷でも見ることができます

サモ・ハン手形
サモ・ハンの手形

ジェット・リー手形
ジェット・リーの手形。

ミシェル・ヨー手形
ミシェール・ヨーの手形

ジミー・ウォング手形
ジミー・ウォングの手形
「捜査官X」では、ほとんどホラーでした。

ティ・ロン手形
ティ・ロンの手形
「酔拳2」でジャッキーのお父さん役をやった人です。
「スター・ランナー」では特別出演で詠春拳の先生役やってます。実際に使い手です。
って、普通は「男たちの挽歌」を推すだろ。

ユエン・ウーピン手形
ユエン・ウーピンの手形


・・・すいません、チョイチョイ写りこんでいるのは自分の足です。

--------------------

映画ネタ・その2
街で見かけた広告

01広告・金城武 02広告・金城武
金城武
時計の広告です。
「死角都市・香港」ではサモ・ハン&ユン・ピョウと共演し、「暗黒街/若き英雄伝説」ではユン・ピョウと共演し、「冒険王」「ウォーロード/男たちの誓い」ではジェット・リーと共演し、「捜査官X」ではドニー・イェンと共演し・・・けっこう大物アクション俳優との共演が多いんですよね。

03広告ニコラス・ツェー
ニコラス・ツェー
こちらも時計の広告です。
香港を代表するイケメン俳優。
「ブラッド・ウェポン」ネタでいっぱい書きましたね。


04広告ジェイ・チョウ
ジェイ・チョウ
新譜の看板でした。もちろん買いました。
このPVが面白かったです。キョンシーも出てきます。
そういえば、いつだったか忘れましたがExileのコンサートにゲスト出演したことがあります。

05広告ホアン・シャオミン
ホアン・シャオミン
これも時計の広告ですね。
ドニー・イェンの「イップ・マン」でドニーの弟子ウォン・レオンをやった人です。

06広告イーキン&シャーリーン
イーキン・チェン&シャーリーン・チョイ
映画「我老婆唔夠秤2之我老婆唔夠秤」の広告。
この2人はドニー・イェン監督作品「ツイン・ローズ」で共演してます。
そういえば、イーキンは日本映画「カムイ外伝」にチョイ役で出てたなぁ・・・

07広告ワン・リーホン
ワン・リーホン
これも時計。なんか香港って時計の広告多いな。
台湾のイケメン歌手です。歌とピアノが上手いです。
映画ではアーロン・クォックや藤原紀香と「SPY_N」で共演してます。
監督はジャッキー作品でおなじみのスタンリー・トンですので、もちろんバリバリのアクションです。

09広告スー・チー 08広告スー・チー
スー・チー
これも時計の広告だ。
それにしても、もう30後半なのに相変わらず可愛いなぁ・・・
チャウ・シンチー監督作品「西遊・降魔篇」に出演します。香港の公開は2月ですが、日本で公開されるのかどうか知りません。
公開されますよーに。

10広告ケリー・チャン 11広告ケリー・チャン
ケリー・チャン
時計と宝石の広告。
アクションとは無縁の女優さんかと思いきや、チン・シウトン監督作品「エンプレス/運命の戦い」では女将軍役をやってて、共演のドニー・イェンにガシガシしごかれてました。

12広告ケリー・リン
ケリー・リン
化粧品の広告。
台湾出身の女優さんです。美人です。
ツイ・ハーク監督作品「天上の剣」で、ルイス・クーの頭に寄生する妖精の役をやった人です。
他には、アンディ・ラウと反町隆史が共演した、ジョニー・トー監督作品「フルタイム・キラー」でヒロインやってます。この作品でケリー・リンは流暢に日本語を喋ってますが吹き替えだそうです。でもアンディ・ラウは無理やり日本語の台詞を喋ってます。
反町隆史さえ英語の台詞に挑戦してくれれば、傑作になっていたかもしれないのに・・・。

13広告スン・リー
スン・リー
時計の広告ばっかり。
たぶん、スン・リーだと思います。もしかしたら間違っているかもしれません。
ジェット・リーの「SPIRIT」で村娘役をやってました。
ドニー・イェンと共演した「画皮 あやかしの恋」では、男装でアクションを頑張っていて萌えました。


▲▲▲ 記事を閉じる ▲▲▲

FC2blog テーマ:武道・武術 - ジャンル:スポーツ

すいません、まだ香港にいます。謝る必要はないですか、そうですか。

今回は映画ネタです。って、昨日も映画ネタみたいなもんでしたが。
カンフー臭は少ないです。
各ネタにリンクは貼ってません(旅行先だとけっこう手間なので・・・)。気になる人は検索してみてください。

あと昨日もそうですが、写真の大きさがマチマチなのは、動画で撮影後にホテルに帰ってパソコンで再生してからハードコピーしているためです。
あ、正確には写真じゃないや。まぁいいか。
※画像はクリックすると拡大します。


CZ12
ジャッキー作品「十二生肖」のポスター。
観ました。言葉は0.5割ぐらいしか理解できませんでしたが、面白かったです。
日本では「ライジング・ドラゴン」のタイトルで2013年4月13日公開予定。
アジアの鷹が復活します。ちゃんとガムも食べます。

一代宗師03 一代宗師04
「一代宗師」の別バージョンポスター。
チャン・ツィイー版とチャン・チェン版のみ。
トニー・レオン版は写真が撮りづらい位置にありました。
もし後日見つけたら撮っておこう。

血滴子
武侠映画「血滴子」のポスター。
プロデュースは「捜査官X」のピーター・チャン。監督は「インファナル・アフェア」のアンドリュー・ラウ。
明日観に行きます。
題名だけだと古龍原作っぽいけど、違うみたいです。
1975年に同名の作品がありますが関係あるのかどうか知りません。
日本で公開するのだろうか・・・

寒戦
警察物のサスペンス映画「寒戦」のポスター。
主演はアーロン・クォック、レオン・カーファイ。
アンディ・ラウが特別出演しています。
観ましたけど、密室での会話劇が多かったので、内容の詳細は不明です。撃沈です。大ヒットしているので、きっと面白いんだと思います。
日本で公開しますように。

鄭伊健
恋愛コメディ映画「我老婆唔夠秤2之我老婆唔夠秤」のポスター。
イーキン・チェン、シャーリーン・チョイ主演。10年前に公開された「我老婆唔夠秤」の続編。どちらも日本未公開です。っつーか、もう10年経ったのか。びっくり。
とりあえずポスターだけ撮りました。
それにしても、イーキンにしても前出のアーロンにしても、昔から変わらず老けないなぁ。
シャーリーンは何年経っても大人っぽくならないし。童顔だからか。

古惑仔
来年公開予定「古惑仔 江湖新秩序」のポスター。
90年代の大人気シリーズがリメイクされるようです。
日本では6作中、1~4作目までと6作目が上映されました。5作目は未公開。
6作目は「狼たちの伝説 亜州黒社会戦争」という題名でDVD化されていますが、千葉真一が特別出演しています。

大上海
来年公開予定「大上海」のポスター。
内容について詳しくは知りませんが、ポスターに写っているのはチョウ・ユンファ、サモ・ハン、ホアン・シャオミン、ン・ジャンユー。
豪華なキャスティングだ。



以下は小ネタです。
どこかで漫画に関する展示会っぽいイベントが催されてるようです。
その看板を撮りました。

李小龍
ブルース・リーの漫画があるようです。知らなかった・・・

王小虎
「龍虎門」の主人公・王小虎。
映画「かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート」の原作。
ニコラス・ツェーが演じたタイガー・ウォンです。
改めて絵を見ると、蹴りの姿勢とか表情とか、ちゃんと漫画からコピーしてるんだなぁ・・・。プロの俳優ってスゲェ。
日本語字幕でよくある、役名を英訳しちゃう典型ですね。王小虎=ウォン・シャオフー=タイガー・ウォン。
ちなみに、共演のドニー・イェンは、王小龍=ウォン・シウロン=ドラゴン・ウォン。
関係ないけど「プロジェクトA」のジャッキーは、馬如龍=マー・ユーロン=ドラゴンでした。

華英雄
「中華英雄」の主人公・華英雄。
映画「レジェンド・オブ・ヒーロー/中華英雄」の原作です。イーキン・チェンが演じてました。
そういえば、この映画でも日本語字幕の役名は英訳されてたなぁ。
華英雄=ワー・イェンホン=ヒーロー。・・・なんか台無し。「か・えいゆう」でいいじゃねぇか!

歩驚雲
「風雲」の主人公・歩驚雲。
映画「風雲 ストームライダース」「風雲 ストームウォリアーズ」の原作です。
でも、この映画では日本語字幕だと「雲」って書いて「ワン」とルビが振ってあるんだよなぁ。へー「クラウド」じゃないんだ。
ちなみに、映画で演じたのはアーロン・クォック。

郭靖
「射雕英雄伝」の主人公・郭靖。
元は金庸の武侠小説です。この絵を書いた李志清は日本語訳版でも挿絵に使用されています。
漫画も存在するのか、挿絵だけなのかは知りません。
あ、名前の読み方は素直に「かく・せい」です。
ちなみに、台湾の女性歌手に郭静という人がいますが、「かく・せい」ではなく「クレア・クォ」と読んでください。関係ないですか、そうですか。

陳浩南
「古惑仔」の主人公・陳浩南。
前出の映画「古惑仔」の原作。
邦題は「欲望の街 古惑仔」で、広東語の単語がそのまま使用されている珍しい例です。ちなみに邦題では「こわくちゃい」と読ませています。
名前の読み方は広東語読みの「チャン・ホーナン」。


▲▲▲ 記事を閉じる ▲▲▲

FC2blog テーマ:武道・武術 - ジャンル:スポーツ

どうも、このブログの管理人(の一人)です。
えーとですね、この文章を書いている2012年12月28日現在、香港にいます。
旅行中です。

この「稽古の役に立つ(かもしれない)情報」のページが、まだ開始から1ヶ月程度しか経っていないのにもかかわらず、なにやらカオスな感じになってきているような・・・

「もうすぐ香港に行くんですけど、ホテルでネットに繋げられるので、香港ネタでも載っけちゃいましょうか?」
とノリで長野師父に提案してみたところ
「それはイイね!」
というお言葉をいただきましたので、まぁ、やってみようかなと思った次第です。
でも、宿泊先のオリエンタル・ランダー・ホテル(東方泛達酒店)は、パソコンさえ持っていれば無料でネットが使用できるのはいいのですが、回線のスピードが遅いので、リアルタイム更新は簡単に済ませようかと思っています。写真のアップロードが面倒臭いんです。
2年前に泊まったときは、もっと早かったような気がするんですけどね。記憶違いだろうか・・・。

もし、他にも色々とネタになりそうなことがありましたら、帰国してから載せます。
需要があるかどうかわかりませんが。

-----------
※載せている写真はすべてクリックで拡大します。

宿泊ホテルの近くにスポーツ用品店がありまして、その入口にはこんなモノが展示してありました。
場所は太子駅C2出口のすぐ近く。

木人椿

そうです木人椿です。さすが香港と言いたいところですが、多分珍しいと思います。香港に来たのは6回目ですが、街で木人椿を見かけたのは初めてです。
値段は、左が4900HKドルで右が4600HKドル・・・だったかな? 日本円だと約41000~45000円ぐらいですね。

店の中に入ったところ、店頭に木人椿を置いているわりには、武術用品の販売には力を入れていない様子で、全部ではないのですが、ホコリをかぶっているものがあったり、金属製の商品の一部が錆びていたり曲がっていたりしました。
まぁ、普通のスポーツ用品に比べたら売れないんでしょうね・・・。でも、ちゃんと手入れしなかったら、余計に売れなくなるだろ、常識的に考えて。

せっかくなので、90HKドルのカリ・スティックを2本、120HKドルの伸縮式太極剣を1本買いました。日本円で合計2600~2700円ぐらいです。


さらに木人椿つながりで、街で見かけた看板を・・・

道場看板02
尖沙咀の道場

道場看板01
油麻地の道場


んで、今度は詠春拳つながりの写真です。

一代宗師02

一代宗師01

ウォン・カーウァイ監督作品『一代宗師』、2013年公開予定のイップ・マンを題材にした映画のポスターです。
イップ・マン役はトニー・レオン、共演がチャン・ツィイーとチャン・チェン、アクション監督はユエン・ウーピン。
トニー・レオンの構えは、もちろん詠春拳です。チャン・ツィイーとチャン・チェンもそれぞれ別の門派の構えをしていますが、さて何でしょう?


▲▲▲ 記事を閉じる ▲▲▲

FC2blog テーマ:武道・武術 - ジャンル:スポーツ

どうも、ブログ管理人(の1人)です。
このブログは入会案内や稽古会の情報をお知らせすることを目的としています。
あと、補助的な意味合いで、稽古の役に立ちそうな情報なども最近は載せ始めています。

・・・が
「おススメの香港映画情報とか載せちゃいましょうか?」
とノリで長野師父に提案してみたところ
「それはイイね!」
というお言葉をいただきました。

ぶっちゃけ、普段の稽古に役立つような武具の情報とか、あと2つか3つぐらいしかないので、あっという間にネタ切れになるなぁ、なんて思っていました。
そんなわけで、ちょくちょく香港映画のネタを載せていこうかと思います。
このネタだったら果てしなく、いくらでも書くことができます。・・・ウザかったらスイマセン。
香港映画『ブラッド・ウェポン』という映画が2012/12/22(土)から公開されました。
角川シネマ有楽町でインドネシアのペンチャックシラット映画『ザ・レイド』を観に行った人は、予告を観ているはず!

しかし、公開規模が非常に狭くてですね。
公式サイトによると、こんなスケジュールです。

2012/12/22(土)~ 角川シネマ新宿(東京)
2013/01/19(土)~ 梅田ガーデンシネマ(大阪)
2013/01/26(土)~ センチュリーシネマ(愛知)

まぁ、最近の香港映画の公開規模って、こんなモンですよね・・・


監督はダンテ・ラムです。
主な作品に、アクション映画『重装警察 HIT TEAM』、『スナイパー』、サスペンス映画『ビースト・ストーカー/証人』、『密告・者』、恋愛映画『スイート・ムーンライト』、『ティラミス』などがあります。
ツインズ・エフェクト』ではドニー・イェンと共同監督でした。


アクション監督はチン・カーロ
ナイナイ岡村隆史主演の『無問題2』の監督さんです。
香港映画界の重鎮サモ・ハンの愛弟子的な感じの人で、スタントマン、アクション俳優、アクション監督で活躍してます。
ジャッキー・チェン作品『酔拳2』にも出てます。最後の工場のシーンで、靴が燃えて慌ててるジャッキーのために、水を空中に撒いた人です。
同じくジャッキー・チェン作品『サイクロンZ』では、スタントで参加してまして、ジャッキーの代役で大技を披露しています。しかも、スローで見せててジャッキーじゃなくてチン・カーロなのがバレバレですので、気になる人は探してみてください。


主演はジェイ・チョウニコラス・ツェー

ジェイ・チョウは台湾の歌手で、出す曲出す曲すべてナンバーワンヒットを飛ばす、超人気ミュージシャンです。
ちなみに、最近の曲で個人的に気に入っているのはコチラ
映画では実写版『頭文字D』で主演をやってます。
ミュージシャンなので、本職のアクション俳優ではありませんが、『少林サッカー』のバスケットボール版のような映画『カンフーダンク』とか、チャン・イーモウ監督作品『王家の紋章』、ユエン・ウーピン監督作品『酔拳 レジェンド・オブ・カンフー』、ハリウッド映画『グリーン・ホーネット』など、アクション物の出演数も多いし、どれも結構上手いです。

ニコラス・ツェーは、最近は本職のアクション俳優と言っても差し支えない実力の持ち主です。
香港国際警察/NEW POLICE STORY』ではジャッキー・チェンと共演し、『かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート 』ではドニー・イェンと共演しているぐらいですからね。
長野師父がパンフレットにコラムを書いた『新少林寺』では悪役・曹蛮を演じています。
インビジブル・ターゲット 』も名作ですので、興味がある人は是非ご覧ください。
おまけにアクションだけではなく演技も非常に上手く、『わすれな草』、『密告・者』、『ビースト・ストーカー/証人』、『孫文の義士団』では思う存分、演技力を見せつけています。
『ブラッド・ウェポン』では経験値の差から、ジェイよりもニコラスのほうが軍配が上がったかな、という印象でした。
本当は俳優だけじゃなく、ギターは上手いわ作曲できるわでミュージシャンとしても才能があるのですが、最近は俳優業が忙しすぎて曲を作らなくなったのが残念です。
20歳前後の頃は、「アクション俳優は怪我するからイヤだ。ミュージシャン1本で行きたい」とか言ってたんですけどね。いつの間にか逆転してました。
・・・ちなみ、チェン・カイコー監督作品『PROMISE 無極』は黒歴史なんかじゃないんだからねっ!


検索したら、こんな記事を見つけてしまったのですが、けっしてツマラナイことはありません。面白いです。
こんなにお金をかけて、かつ面白い超大作香港映画は久々です。アクションも銃と体術のバランスが良くて、ストーリーも生き別れた兄弟や家族愛がテーマになっていてなかなか魅せます。
たぶん公開期間が短くて、すぐに上映期間が過ぎ去ってしまうと思うので、興味のある人はお早めにどうぞ。


▲▲▲ 記事を閉じる ▲▲▲

FC2blog テーマ:武道・武術 - ジャンル:スポーツ

 どうも、このブログの管理人(の1人)です。

 先日、摸擬刀を紹介したのですが、すいません、順番を間違えました。先に鞘付木刀を紹介するべきでした。
 まぁ、大抵の人はいきなり摸擬刀を買うよりは、鞘付木刀から始めるはずですよね。それに、稽古場所や施設によっては、摸擬刀禁止のところもありますし。

 最初から模擬刀を購入した、という人は少ないと思います。自分も1年ぐらいは鞘付木刀で稽古して、その後で摸擬刀を買いました。
 あと、ほとんどの人は鞘のない普通の木刀を所有しているのではないでしょうか。
 自分も以前、調べたことがあるのですが鞘付木刀って、割と高いんですよね・・・・
 試しに尚武堂で検索してみたところ、以下の通りでした。
 最安値で7000円台です。中には、以前紹介した摸擬刀より高いヤツもある始末。木って高価なんだなぁ。
http://shop.shobudo.jp/?mode=cate&cbid=345251&csid=5

 ついでに楽天市場で検索したところ、上記より若干安くて6000円台でした。
http://item.rakuten.co.jp/sinbudou/832835/

 当初、この値段を見て購入を躊躇してしまったのはですね、自分が学生時代に買った木刀って2000円台でしたので、鞘と鍔が付いただけで3倍以上になっちゃうのか・・・と考え込んでしまったわけです。
 ちなみに、木刀単体を尚武堂で検索してみたところ、以下の通りでした。
http://shop.shobudo.jp/?mode=cate&cbid=345251&csid=1
http://shop.shobudo.jp/?mode=cate&cbid=345251&csid=2

 鞘だけ売ってないかな~と、楽天市場を探したところ、一応あるにはあったのですが、木刀よりも高いんでやんの。そりゃ、セット品で6000円とか7000円とかしちゃうわけだ。
 っつーか、細長いプラスチックの筒がこんなにするのか、なんて考えてしまって、これも躊躇。
http://item.rakuten.co.jp/sinbudou/832855/

 さっきから、やたらとケチ臭いっつーか、貧乏臭いっつーか、まぁそんな話ばかり書いていますが、武具って基本的に値が張る物が多いですからね。できるだけトータルの出費を抑えたいのが正直なところです。
 どこかの道場に通ったら、入会金・月謝・道着など初期費用で数万円は吹っ飛ぶのはザラですし。

 そういうわけで、ネットで探しまくって見つけたのが、1980円のプラスチック鞘でした。自分は2年前に、ここで買いましたが、その時はセール中で送料込980円という破格の値段でした。
 もうセールはやらないのかなぁ・・・って、今もセール中と書いてはありますけどね。
http://www.kendo-master.com/index.php?body=spec&product_id=629212&category_id=95741&PHPSESSID=05184e475c617f5fbb0ae1dc7e1a2a3a

 これだけだと鍔がないので、楽天市場で適当に探したプラスチックの鍔を別途購入しました。予備を含めて、大刀用5個・小刀用5個を購入。安いからって買いすぎだっつーの。
http://item.rakuten.co.jp/kendouya/bo-tuba-lm/#bo-tuba-lm

 以上、安く抑えて鞘付き木刀を入手する方法を記載しましたが、これにはデメリットもあります。
 各パーツをバラバラに入手するので、セット品ではないため若干サイズが合わない、ということがあります。そうなった場合は個々に工夫が必要ですので、頑張って加工してください。

 ちなみに、上記の最安値プラスチック鞘には、小刀用に関してオマケのネタがあるのですが、別の機会に紹介します。いや、もったいぶって気を引こうとしているワケではありません。実際たいした話じゃありませんし。
 ほら、えーと、アレです。記事が思ったよりも長くなったので、今日は面倒臭くなっちゃっただけです。

 あと、前回も説明しましたが、これはアフィリエイトとかではありません。宣伝費とかも貰っていません。いや、ホントに。


▲▲▲ 記事を閉じる ▲▲▲

FC2blog テーマ:武道・武術 - ジャンル:スポーツ

 こんばんは、このブログの管理人(の1人)です。

 何だよ役に立つ情報って? ということなんですが、スケジュールだけじゃあまり面白くないので、それ以外の記事も載せたらいいかも、というような内容の話を長野師父としまして、それじゃあ稽古の役に立ちそうな情報があったら随時載せていこう、ということになりました。

 というワケで、役に立つ情報とか立たない情報とか、たまに更新していきますのでよろしくお願いします。・・・役に立たない情報は載せても大丈夫なんだろうか。
 游心流では居合の稽古を推奨していますが、日本刀は高いです。そこが困りものです。
 本物じゃなくても偽物でも高いです。偽物って、摸擬刀のことですね。
 自分も模擬刀を一振り持っていますが、「安いの、いっちゃん安いの!」と必死で安い摸擬刀を探しました。

 それがこれです。
 http://item.rakuten.co.jp/g-pls/103i/

 どうやら、これが最安値のようです。
 ネット通販なので、現物を確かめずに買うのは少々不安でした。でも、実際に手にしたところ特に問題ありませんでした。一安心。
 間近で見ると、そこはかとなく安物っぽさを感じなくはないんですが、こんな自分には、むしろ安物がお似合ってなぐらいなもんで。どんな自分だ。
 まぁ、とにかく、安くたって稽古に支障ありません。ちなみに教材DVD「合気の応用」でも使用されています。

 「摸擬刀欲しいなぁ、でも高いよなぁ」という人がいましたら、参考にしてみてください。
 いーや、こっちの方がもっと安い! という情報が他にありましたら教えてください。喜びます。
 でも、模擬刀には稽古用と鑑賞用がありまして、鑑賞用は振るのには向いていませんので、うっかり値段だけで選ばないように気をつけてください。うっかり値段だけで選びそうになっちゃった本人からの忠告です。
 
 あ、ちなみに、これはアフィリエイトとかではありません。宣伝費とかも貰っていません。
 なので、上記URLにアクセスしても游心流関係者のフトコロには一銭も入ってきませんので、安心して100回ぐらいクリックしても問題ありません。1回で充分ですか、そうですか。


▲▲▲ 記事を閉じる ▲▲▲

FC2blog テーマ:武道・武術 - ジャンル:スポーツ